婦人

コンシーラーでシミをカバー|買い替えを検討している方はチェック

ファンデーションの塗り方

メイクする人

自然な仕上がりになる

メイクをするときに工夫するといいことは、ファンデーションを薄付きにすると、自然でナチュラルな仕上がりになるということです。ファンデーションを塗るにはテクニックが必要で、少量を頬などの顔の中心にのせてから、指やパフなどで広げていきます。このとき、毛穴に叩き込むように軽く抑えると密着して、崩れにくいメイクになります。エアブラシでファンデーションを吹き付け、顔にのせていく方法もあり、自然で薄付きな仕上がりになります。エアブラシは、手で塗るよりムラがなく、均等に肌に塗布できる特徴があります。メイクがうまく出来ない人も、エアブラシを使う工夫をすると、簡単にプロのような仕上がりになるメリットがあります。エアブラシは、顔以外にも使えるので、体の傷跡を隠すためにも使えます。

色選びに気を付ける

ファンデーションには、パウダーファンデーションとリキッドファンデーション、クリームファンデーションなどの種類があり、肌のカバー力に違いがあります。ファンデーションを選ぶときに気を付けることは、自分の肌の色に合わせて選ぶことです。そのとき、手などに塗って選ぶのではなく、首の色に合わせて選ぶと、顔が不自然に白くなったりせず、自然な仕上がりになります。ファンデーションには、ピンク系とオークル系があり、色味が違うので、自分の肌に合わせて選びます。実際に首や頬などに塗ってみて、ファンデーションの色を選ぶとうまくいきます。エアブラシでメイクをするときに気を付けるといいことは、顔全体にファンデーションを吹きかけるので、後からまつげや眉毛についたぶんを、綿棒などを使ってふき取るということです。